はるねクリニック銀座 スタッフブログ

2018年2019年の凍結融解胚移植の妊娠率と流産率

2020年3月18日

【胚培養士から】2018年2019年の凍結融解胚移植の妊娠率と流産率

当院の2018年2019年の凍結融解胚移植の妊娠率と流産率です。

妊娠率 流産率
29歳以下 50・ 0% 0.0%
30~ 34歳 57. 6% 20. 6%
35~ 39歳 46.2% 26.7%
40~ 42歳 20.3% 41.7%
43歳以上 27. 6% 62.5%
全体 40. 1% 28.1%

当院では新鮮胚移植も行いますが、2018年と2019年ではほとんどの方が凍結融解胚移植の対象となっています。

また、年齢の割合ですが、

29歳以下 4%
30~ 34歳 27%
35~ 39歳 29%
40~ 42歳 27%
43歳以上 13%

となっております。

29歳以下は患者様が少なく、やはり30歳代と40歳代の方が多く通院されています。

当院は小さなクリニックではありますが、ひとりでも多くの患者様が妊娠できるよう丁寧な診察と培養を心がけています。


Posted by 東京 銀座 不妊治療 婦人科 女医|はるねクリニック銀座 / お知らせ,スタッフブログ