はるねクリニック銀座 スタッフブログ

漢方外来ではどんなことをするの?

2020年3月12日

漢方外来ではどんなことをするの?

こんにちは。
漢方外来です。

漢方外来ではどんなことをするの?

という点について、簡単にご紹介します!

漢方を使って、身体を整えていく過程は、傷んだ木によく例えられます。

枝や葉の痛んだ部分を、直接キュアしていくのが西洋の治療。
頭痛に対して鎮痛剤・花粉症に対してアレルギー薬など…
効果がスムーズです。しかしいずれまた別の枝葉が傷むことがあるかもしれません。

一方、漢方でのアプローチは土壌を耕し根の部分から変化を起こすことを期待しています。枝葉の傷みにくい状態となるよう、木全体を整えていきます。
すなわち、その方の体質の部分からアプローチをし、痛みなどの症状が出づらい状態に持っていくことを目指します。
少し地道で根気のいる部分がありますが、豊かな土壌は一生モノの財産になると考えます。

漢方外来では、西洋の治療と組み合わせることにより体調を整えながら治療がスムーズに運ぶようお手伝いをしています。
西洋・東洋の強みを生かし、ゴールまでのご負担を軽減できることが大きなメリットだと感じています。

漢方外来では、問診や舌の状態・脈の状態から現状を把握し不調の妨げになる原因を探っていきます。

問診はあらかじめ記入いただいた問診票をベースに進めていきます。

ホームページ上からダウンロードが可能ですが細かい問診事項がたくさんあります!

ご相談ご希望の方は外来受付まで、お申し付けください。


Posted by 東京 銀座 不妊治療 婦人科 女医|はるねクリニック銀座 / スタッフブログ