HOME >  不妊治療

不妊治療

はるねクリニックは『痛みに配慮』した不妊治療を大切にしています。

子宮卵管造影や人工授精、採卵時などの痛みに最大限の配慮を行い、
不安・負担の少ない不妊治療の提供に努めています。

痛みが少ない不妊治療

一般不妊治療について

一般不妊治療は自分の卵管を使って妊娠を目指す治療法です。

妊娠には①排卵⇒②受精⇒③胚発育⇒④着床という4ステップが必要です。

上記の流れのうち、①の直後から④の直前までのステップは卵管の中で行われています。このため左右両方の卵管の状態が良くない方(卵管閉塞、卵管水腫や高度卵管周囲癒着など)にはタイミング治療は適していません。

一般不妊治療は1周期あたりの妊娠率はあまり高い治療法ではありません。このためある程度の回数を重ねて行くことが大事となりますが、年齢その他の状況により早めのステップアップをお勧めする場合があります。

タイミング治療

経膣エコーにより卵胞径を計測したり、尿中LH検査などを行うことで、排卵日をより正確に推測し、排卵日前後(特に排卵前が重要です)に夫婦生活を持つように医師がアドバイスするもので、不妊治療の初歩の段階です。

今までご自身で基礎体温を見ながら、または市販の排卵検査薬(尿LH検査)を使って長期間タイミングをはかってこられたご夫婦に対してはタイミング治療を行わない場合もあります。

妊娠への女性の年齢の影響(卵の質・量の低下)は大きいので、当院では

35歳未満    3~5回程度


35~40歳未満  2~4回程度


40歳以上    1~3回程度

を目処に次のステップに進むことを提案しています。
検査の結果によってタイミング治療回数は変動しますので、あくまで年齢を考えた一つの目安としてお考えください。

人工授精

人工授精(AIH/IUI)は、ご主人に採取していただいた精液を、精子や母体に安全無害な専用液(アイソレイト)および精子培養液にて洗浄濃縮した後、子宮内に細く軟らかい管(カテーテル)により約0.5ml注入するものです。

タイミング治療と同じく、経膣エコーにより卵胞径を計測し尿中LH検査などを行うことで、排卵日をより正確に推測し、ベストなタイミングで行います。 精子に異常のある方(数が少ない、運動性がよくない)、子宮頚管粘液の分泌の不十分な方、性交後検査(フーナーテスト)が不良の方、性交障害のある方、不妊原因の明らかでない方(原因不明不妊)などが対象となります。

①排卵②受精③胚発育④着床という一連の流れはタイミング治療と同じで、ご自身の卵管の機能が大切になってくるため、タイミング治療に比較して妊娠率が非常に高いというわけではありませんが、タイミング治療より確実に妊娠率は高い方法です。
一般的に1回あたりの妊娠率は5~10%程度です。

人工授精での妊娠率を上げるには、人工授精そのものの技術のみならず、自然周期・排卵誘発周期それぞれでの適切な卵胞管理によるタイミング決定と充分な黄体補充・賦活化を行うことが重要となります。保険は適応されないため費用は自費となります。(1周期あたり21,000円+別途費用)

一般的には人工授精は4-5回行うと成績が頭打ちになる傾向にあります。
以上より当院では人工授精の回数を

35歳未満     3~5回程度


35~40歳未満   2~4回程度


40歳以上     1~3回以内

上記を目処に次のステップに進むことを提案しています。
検査の結果によって治療回数は変動しますので、あくまで年齢を考えた一つの目安としてお考えください。

凍結精子について

一般に人工授精・体外受精は当日採取したばかりの新鮮な精子を用いますが、ご主人がお仕事などの都合で当日の採取が難しい場合があります。

その場合、あらかじめご都合のよい日に、ご自宅または当院で採精していただき、凍結保存しておくことができます。凍結保存した精子を、人工授精・体外受精当日に融解し使用します。精子の数が少ない場合は、数回分凍結保存しておき、2~3回分をまとめて融解することもできます。

理論上は半永久的に保存が可能ですが、新鮮な精子の時と比べると凍結・融解した精子は運動率がほぼ半減しますので、採卵の場合は顕微授精を行うことが多くなります。

できれば人工授精・体外受精当日に採取されるのが理想的です。


高度生殖医療について

高度生殖医療は自分の卵管を使わずに妊娠を目指す治療法です。


当院では体外受精、顕微授精、受精卵凍結保存などの高度生殖医療を行っています。 卵巣刺激法についても、画一的なものではなく、クロミフェンによる低卵巣刺激法、ロング法、ショート法、アンタゴニスト法など、患者さんごとに提案・選択しています。

体外受精

1978年に英国で最初に行われた治療法です。卵管の機能を体外で代行する手段として開発されました。

体外受精とは、卵管の中での過程(受精-胚発育)を体外で行う操作のことです。排卵誘発剤を投与して、女性から数個の卵子を採取して精子と受精させます。

卵子は受精した後、細胞分裂を始めて胚(受精卵)になりますが、この胚を通常2-5日後に子宮に戻し、着床させます。着床から出産にいたる過程は、通常の妊娠と同じです。現在、生まれてくる子供の22人に1人が体外受精・顕微受精での妊娠(2014年)と報告されています。

<体外受精の適応について>

卵管不妊症:卵管に問題があり卵管に対する治療によっても妊娠が困難

男性不妊症:精子に問題があり、人工授精などでも妊娠が困難

抗精子抗体陽性:精子に対する免疫があるため妊娠しない

子宮内膜症:腹腔鏡下手術によっても妊娠が成立しない、あるいは手術適応でない

原因不明不妊症:さまざまな検査、治療によっても原因が特定できず、妊娠にいたらない

その他

上記に該当する方が体外受精の適用となります。

当院で高度生殖医療を受けるために必要な準備

不妊セミナーの受講が必要となります。(可能であればご夫婦でのご参加をおすすめしています。)


当院の体外受精-胚移植法の同意書が必要となります。


御夫婦の1年以内の感染症検査結果。


未入籍(事実婚)の方も治療を行っていますが、それぞれが未婚であり、他に法律上の配偶者がいない場合に限ります。当院所定の同意書が必要になります。

体外受精治療の流れについて

1. 卵巣刺激

一つの卵では妊娠効率が悪いため、複数の卵を作り出すよう薬を使います。おおよその目安として、月経が開始してから採卵が決定するまでの期間は10~14日間で、その間の来院日数は3~4回程度です。


2. 採卵

排卵がおこる前に卵を卵巣から体外に取り出します。採卵は朝9時ごろに行います(木曜日はお昼からの採卵となります)。経膣エコーで卵胞をみながら細い針(22G)で1つ1つ刺して卵子を吸引します。麻酔は局所麻酔もしくは静脈麻酔です。静脈麻酔の場合は投与後すぐに眠った状態となります。

発育卵胞数によって大きく異なりますが、採卵時間は通常であれば3~15分です。原則、麻酔を使いますので、採卵当日は朝から絶飲食としてください。採卵後、約2時間程度リカバリーでゆっくりお休みいただきます。安静時間終了後、診察を行います。 ごく稀に出血や感染などの合併症があります。外来で処方された抗生物質とホルモン剤を採卵後から使用していただき、採卵当日は激しい運動や入浴は避けてください。シャワーは差し支えありません。また、翌日以降は特に異常がなければ通常の生活をしていただいてかまいません。


3. 媒精

卵と精子を体外で出会わせます。なお顕微授精では非常に細い針を使って1匹の精子を胚培養士が卵に注入します。受精の仕方以外の管理は、体外受精と変わりません。


4.新鮮胚移植

育った受精卵(胚)で形態良好な胚を採卵後2〜5日目に子宮に移植します。人工授精とほぼ同様な手技で痛みや出血はほとんどありません。

当院では原則経腹エコーガイド下に胚移植を行うため、お腹からのエコーが見やすいように移植前に尿を貯めていただきます。
移植終了後ベッドにて20分程度の安静を行います。胚移植後は激しい運動など無理をしなければ通常通りの生活をしていただいても差し支えありません。


5. 黄体補充

着床を助けるようにお薬を使います。
採卵周期では卵胞の中身を吸引するため、黄体機能不全を起こしやすくなります。
そこで、女性ホルモンと黄体ホルモンのバランスを保つために補充が必要となります。ホルモン補充は、妊娠判定までの期間と妊娠成立後は妊娠7〜8週まで引き続き補充していきます。

卵胞ホルモンは内服または貼り薬を使用します。黄体ホルモン剤は内服、膣剤を適宜使用します。


6. 妊娠判定

胚移植から12〜14日後、妊娠しているかどうか血液検査を行います。妊娠していればさらにその1週間後に経膣エコーにより胎嚢の位置や数を確認します。順調であればさらにその1週間後には胎児心拍が確認できます。


胚凍結保存、融解移植

受精卵を凍結し、移植に適した子宮環境・ホルモン環境を整えてから、移植を実施する治療方法です。

理論的には胚移植において移植胚数が多くなるほど1回の移植周期での妊娠率が高くなるため、これまで複数個の胚が移植されてきました。その結果、多胎妊娠が増加し周産期や新生児医療に深刻な影響を及ぼしたため、現在では、2008年の日本産科婦人科学会会告により原則胚移植数は1個に制限されています。

一方、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)では妊娠すると症状が悪化するため、OHSSの重症化が予想される場合には新鮮胚移植をせずに凍結を行っています。

そのため、余剰胚や全胚の凍結を行うことが、近年増加しています。 当院で胚凍結を行う場合は以下のケースとなっています。

胚凍結を行うケース

余剰胚がある場合


OHSS予防のため


採卵周期で、P4値が基準以上に上昇した場合


新鮮胚移植が反復して不成功の場合


新鮮胚移植の日程が合わない場合

メリットとして、環境の整った良い子宮内膜に移植ができる点や、子宮内膜と胚のタイミングを合わせ、着床・妊娠率が高くなる点などが挙げられます。

当院では急速ガラス化法(ビトリフィケーション法)を用いて胚凍結を行っています。凍結した胚の95%以上が、凍結融解の影響を受けず移植が可能です。現在日本では、新鮮胚よりも凍結胚移植の方が妊娠率が高く、生産数も多くなっています。


凍結融解胚移植の方法

凍結した胚を融解して移植する場合、自然排卵の数日後に融解胚移植を行う自然周期での胚移植と、月経開始2-3日目から女性ホルモン剤を内服または貼付し、子宮内膜が十分に厚くなったことを超音波検査で確認し、黄体ホルモン投与後に融解胚移植を実施するホルモン補充周期での胚移植があります。

自然周期のメリットは、ご自身の排卵時のホルモンを利用するため、使用する薬剤がホルモン補充周期に比較して非常に少ないという点です。

ホルモン補充周期のメリットとしては胚移植の日程をご希望の日程に調節可能である点と子宮内膜の着床可能期間(implantation window)が延長する可能性が示唆されている点です。妊娠率は同等ですので、どちらの方法で行うかは、それぞれの患者さまの月経周期や子宮内膜の厚さ、今までの治療歴、患者さまのご希望などで決定しますが、当院では自然周期での移植が多くなっています。


アシステッドハッチング

38歳以上の方や透明帯(胚を包む膜)が厚い方、凍結胚では、透明帯に穴をあけるか、薄くする処理を行うことで着床しやすくなります。当院でも適応の方には、タイロード法を用い慎重な操作でおこなっています。


初期胚移植(2日目胚、3日目胚)か 胚盤胞移植(5日目胚)か

どの発育段階で移植をするべきかは、まだ結論が出ていません。当院では、現在のところ、新鮮胚・凍結胚とも初期胚移植・胚盤胞移植、いずれのパターンも行っています。
ただし、胚盤胞まで胚が到達することが見込める場合は、長期培養を行い胚盤胞を確保するように心がけています。

胚盤胞移植のメリットとしては

1. 初期胚移植よりも長期に胚の発育を確かめられるため、より良好な胚を選択する事ができ、妊娠率が初期胚より高い


2. 自然妊娠での着床時期とほぼ同期の子宮に胚移植できる


3. 子宮外妊娠が減少する


胚盤胞移植のデメリットとしては

1. 胚盤胞まで発育しない可能性がある
長期間の体外培養が胚にとって必ずしも良好な環境とは限らず、受精卵のうち、胚盤胞に到達するのは一般的には30~60%程度です。そのため胚移植のキャンセル率は、胚盤胞移植のほうが高くなってしまいます。


2. 一卵性双子の確率が高くなる
自然妊娠の発生率の約4倍になると言われています。


があります。


体外受精での妊娠率について

妊娠率にもっとも影響するのは女性の年齢です。加齢とともに卵質の低下や、採卵数の減少、染色体異常卵の増加(体外受精で得られる卵の40%は染色体に異常がみられると報告されており、年齢とともに増加します)が見られます。


体外受精にともなう合併症など

多胎妊娠

多胎妊娠では早産、未熟児、帝王切開率の増加、妊娠高血圧症候群などの母体側の医学的問題が多くなります。また、児にとってもハイリスクであり、双胎妊娠での1歳までに児が死亡するリスクは単胎妊娠の7倍、脳性麻痺は4倍、三胎妊娠ではそれぞれ20倍、17倍に増加するという報告があります。

このように多胎妊娠では単胎妊娠にくらべ、母子ともにリスクが非常に高くなるため、多胎妊娠を予防することが大切です。 体外受精・胚移植後の多胎妊娠の発生頻度は約7%で移植胚数が増えれば多胎妊娠の発生頻度が増加します。

このため日本産科婦人科学会の会告を遵守し、当院では胚移植数は原則1個とさせていただいています。
ただし、2回以上体外受精胚移植を行っても妊娠されなかった方(反復不成功例)や35歳以上の患者さまには2個胚移植を行っています。

2008年 日本産婦人科学会の生殖医療における多胎妊娠防止に関する見解
生殖補助医療の胚移植において、移植する胚は原則として単一とする。ただし、35歳以上の女性、または2回以上続けて妊娠不成立であった女性などについては、2胚移植を許容する。治療を受ける夫婦に対しては、移植しない胚を後の治療周期で利用するために凍結保存する技術のあることを、必ず提示しなければならない。


採卵のリスク

採卵時にまれに腹腔内に大量出血したり、感染を起こすことがあります。そのため採卵後は約2時間安静にしていただき、安静終了後診察をいたします。これらの合併症が重症の場合、入院加療が必要となります。また頻度は少ないですが外科的手術が必要になる可能性もあります。


OHSS(卵巣過剰刺激症候群)

過排卵刺激により卵胞が多数発育することにより、採卵数日後や新鮮胚移植後の妊娠初期に発生する合併症です。

以前は比較的多くみられましたが、近年は技術が進み、入院を要するようなOHSSはほとんどみられなくなってきています。
採卵数日後に生じるOHSSの原因は排卵を起こすHCGによります。

このため、OHSSになりやすい方※には、HCGを投与しなくてもよい刺激法であるアンタゴニスト法などを考慮することがあります。 また、OHSSになりやすい方には新鮮胚移植を避け、全胚凍結とすることがOHSSの予防となります。

主症状は腹部膨満感、胃部不快感、尿量減少などです。過排卵刺激後、個人差はありますが、多少の腹部膨満感は出現します。異変が見られた場合は、自己判断せずにクリニックにご連絡ください。

OHSSになりやすい方

若い方


痩せている方


多嚢胞性卵巣症候群の方


AMH値が高い方


採卵時の卵胞ホルモンが4000pg/mlを超えた方


採卵された卵子の数が20個以上の方


新鮮胚移植で妊娠した方


これらに該当する方は特に注意が必要となります。


先天異常、流産

体外受精・胚移植による妊娠では、自然妊娠と比較して流産率が高い(約20%)と言われています。また早産・低出生体重児・帝王切開などの割合は、自然妊娠と比較して若干増加すると報告されています。

体外受精(顕微授精、凍結融解胚移植を含む)と先天異常児出産との因果関係については、いまだ確立された結論は出ていません。

重症の乏精子症の精子を用いて顕微授精を行い男児が得られた場合、その児に男性不妊が遺伝する可能性があることが示唆されています。

しかしながら体外受精の初成功は1978年であることから、児の長期予後に関してはいまだ判明していない部分もあります。


異所性妊娠

子宮内に胚を移植していても、子宮外妊娠を起こすことがあります。子宮内に胚移植しても、卵管に戻り、再び子宮内に着床することがあるためで、卵管の状態が良くない場合、卵管で着床し子宮外妊娠となることがあります。その場合は早期発見に努め、入院などが必要な場合は、連携病院にご紹介いたします。

治療の変更、キャンセル

以下の理由で本法の実施を途中で中止、あるいは変更する場合があります。


卵胞の発育が不十分で採卵が行えない場合


卵子が変性卵や空胞でひとつも回収できない場合


卵子が採取できたにもかかわらず、正常受精が起こらなかった場合


受精卵の分割が不十分で、移植に適さないと判断された場合


採卵前に排卵後と判明した場合(人工授精に変更することがあります)


があります。

不測の事態による影響

当院では、卵、精子、胚に関しては無停電電源装置を備えるなど厳重な管理体制をとっております。しかし、天災、地震、火災、水害などでインキュベーターの破損や転倒などがあった場合や、停電が長引き無停電電源装置のバッテリーが切れてしまった場合など、不測の事態による卵、精子、胚への影響を回避できないことがありえます。

また、当クリニックが閉院となる場合は事前に連絡させていただきます。しかし、何らかの理由(医師の急死など)で当クリニックが突然閉院となった場合、事前の連絡なしに体外受精が中止になることがありますのでご了承ください。

お願い


高度生殖医療を実施する施設は、その経過と転帰を日本産婦人科学会に報告する義務があります。そのため高度生殖医療で妊娠なさった場合は、その後の経過を当院までご連絡くださるようお願いいたします。個人情報の保護は厳守したします。

不育症について

流産を3回繰り返したら不育症の検査をすることをお勧めしています。しかし、2回流産を繰り返した時点でも、何らかの異常が見つかることがあるため、場合によっては検査をお勧めしています。

免疫検査、抗リン脂質抗体検査、子宮卵管造影検査、ご夫婦の染色体検査などをおこない、結果にもとづいて治療を行います。必要に応じて大学病院などにご紹介することもあります。自費の検査も多いため、詳細は担当医にご確認ください。

不妊ドック

妊娠したいけど、まだ不妊治療を始めるのは早いかなとお考えの方にお勧めの不妊ドック(妊娠力チェック)です。

以下の検査は不妊ドックの必須項目ですので、ご予約の上、すべてお受けいただくのをお勧めします。生理周期に応じて、複数回の来院が必要となりますが、検査の順番は前後しても構いません。ご自身のペースでお進めください。

費用

検査のみの場合は総額で約60,000円前後かかります。

卵胞チェック、排卵チェックは、別途、超音波代がかかります。

他院で行った検査は1年以内であれば、省略することも可能です。

検査内容

検査時期を問わない検査

1.精液検査
男性側の基本的かつ重要な検査です。
禁欲期間2~7日間。
2. 経膣超音波検査
エコーで、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫などのチェックを行います。
3.クラミジア検査
感染している場合、自然妊娠に大切な卵管の機能に影響することがあります。
帯下または血液での検査、初診時に行います。
4.感染症検査、AMHほか
いずれも重要な項目となります。
(1)感染症各種検査 (血液型、貧血、B型肝炎・C型肝炎、HIV、梅毒)
(2)AMH(卵巣に残っている卵の在庫をみるホルモン)
(3)風疹抗体、TSH・FT4
・・・初診時に行います。

検査時期が決まっている項目

5.子宮卵管造影検査
子宮の内腔の形と卵管の通りを調べます。検査後数ヶ月は、妊娠しやすくなるメリットもあります。当院の検査は、痛みが少ないと好評です。
月経終了直後に行います。生理が始まったらご予約ください。
6.子宮鏡検査
子宮の内腔に着床を妨げるような筋腫やポリープなどがないかをチェックします。
月経終了直後に行います。生理が始まったらご予約ください。
7.生理中ホルモン検査
脳と卵巣から分泌されるホルモンの基礎値をチェックします。
生理2~5日目に行います。
8.黄体期ホルモン検査
排卵障害や黄体機能不全がないかをチェックします。
排卵日の5~7日後に行います。
9.フーナー検査
精子と頚管粘液との相性をみてタイミング指導が有効かどうかをチェックします。
排卵直前に性交渉をお取りのうえ、翌朝来院ください。

「5」「6」は、同日に施行可能ですが、1日に施行できる人数に制限があります。


「1」~「9」で異常を認めない方は「不妊スクリーニング検査は正常」となりますが、それでも半年から1年以上ご妊娠に至らない場合、「原因不明不妊症」となります。
その場合、早めに外来でご相談くださいませ。


毎月1回(原則、第3土曜の14〜16時)、不妊セミナーを行なっております。
不妊治療全般および体外受精の詳細をお話いたしますので、ご予約のうえ、ご参加ください(無料)。