はるねクリニック銀座 スタッフブログ

漢方外来でよく頂く質問にお答えします【漢方外来より】

2020年7月22日

【漢方外来でよく頂く質問にお答えします】

こんにちは。 漢方外来です。

今回は、漢方外来でよく頂く質問にお答えしていきますね。

Q. 漢方が苦手です。飲みやすい漢方はありますか?

A.漢方外来で扱っている漢方には、煎じ、エキス顆粒、錠剤や丸剤、カプセルなど様々な剤型があります。
漢方の味が苦手な方、粉薬を飲むのが苦手な方、理由は様々かと思います。
ご相談の中で、極力飲みやすい味や剤形のものを選択致しますのでご希望をお知らせください。

Q. 漢方の効果はどのくらいで現れますか?

A.「漢方は、まず3ヶ月続けましょう」とよく言われますが、3ヶ月経たないと効果が出ないわけではありません。

漢方外来では、100問程度ある問診票を書いて頂き、
さらに外来時にもお話を伺うことで、
初回で体質の細かいところまで把握します。

一人一人に合った漢方をピンポイントで服用して頂くので、
ご体調に関する不調については、服用1ヶ月目から変化が現れる方も多いです。

しかし、妊活を目的に生殖の部分へのケアを目的とした場合は、まずは3~6か月程度、お時間をいただきたいと考えております。
しかし、既に採卵周期に入っているような方は、ホルモン値や誘発方法に合わせて
血流面のケアなど、短期間でできる限りのサポートをすることも可能です。
スピード感は、ご予算によっても変わってきますので、詳しくは外来でご相談ください。

Q. 男性不妊にも漢方は使えますか?

A.男性不妊にも、漢方は使われます。
男性は、月経周期もなく、シンプルな体質の方が多い印象ですが、ベストな処方はやはり個々で異なります。
男性用の問診票がありますので、よかったらそちらをご記入くださいね。
精子が作られるおよそ70日間はしっかり服用していただくことをお勧めします。
女性と異なり、精子は常に作られるため、服用による変化が検査値から実感していただき易い印象です。
奥様の治療周期に合わせる場合は採卵2、3ヶ月前くらいから開始して頂くのがベストです。

ご不明点は、漢方外来までお問い合わせくださいね。


Posted by 東京 銀座 不妊治療 婦人科 女医|はるねクリニック銀座 / スタッフブログ