はるねクリニック銀座 スタッフブログ

一汁三菜を基本とする日本人の食事が理想です。【漢方外来より】

2021年1月6日

【一汁三菜を基本とする日本人の食事が理想です。】

こんにちは。 漢方外来です。

本年もよろしくお願い致します。

お正月は、のんびり、おせちやお雑煮を召し上がった方も多いのではないでしょうか。
「和食」に触れる機会が多いお正月ですが、2013年、日本人の伝統的な食文化である、和食がユネスコ無形文化遺産に登録されましたね。

ごはんを主食に一汁三菜を基本とする日本人の食事は理想的な栄養バランスとして高く評価されています。
だしの「うまみ」を上手に使うのも日本人の得意技です。

中医学では 「身土不二」(しんどふじ)という言葉があります。

人間の体と人間が暮らす土地は一体で、切っても切れない関係にあるという意味の言葉です。
「その土地のものを食べ、生活するのがよい」という意味で使われています。
しかし、お忙しい生活の中で、元々の日本人のお食事からかけ離れてしまうこともありますよね。

毎食一汁三菜は難しいと思います。

まずは、お休みの日だけ、でも具だくさんのお味噌汁を作ってみてください。
この時期はお鍋もいいですね。

(翌朝分までたっぷり作るのもおすすめです!)

漢方外来では、体質に沿って
食養生などのご提案もしています。

お気軽にご相談くださいね。


Posted by 東京 銀座 不妊治療 婦人科 女医|はるねクリニック銀座 / スタッフブログ