はるねクリニック銀座 スタッフブログ

体外受精の実績(培養士から)

2020年11月6日

【体外受精の実績(培養士から)】

こんにちは。 漢方外来です。

早いものでもう11月になりました。
今年もあと2ヶ月で終わりです。
今年は新型コロナウイルスの影響により患者様が通院を控えたり、スムーズな診療を行えないなど試練の年でした。
正しい体質を知り、必要なものを取り入れることが大切です!

先月の【日本受精着床学会】も新型コロナウイルスの為、Web開催となりました。
学会で知り合いと意見交換をしたり、企業ブースで様々な商品を見たりすることができなくて、なんだか寂しい時代だと感じました。
しかしメリットもあり、今までは聞きたい発表が重なっていると聞けない発表があったのですが、Web開催ではすべての発表を視聴する事ができます。
また、聞き逃したところや動画など何度も視聴できるのが良かったです。

今後は【with コロナ】と言われるように、生活様式を変えながら新型コロナウイルスとうまく共存していくしかないのかもしれません。

新型コロナウイルスの話ばかりですが、培養室からはうれしいお知らせもあります。
私が当院に勤務してから3年半が経ちますが(培養士歴はもっと長いです!)、
勤務当初に体外受精をして妊娠・出産され、最近2人目希望で来院されて当時の凍結胚を移植して妊娠された方が多く、本当にうれしく思っています。

医師、看護師、受付よりは患者様との接点は少ないのですが、培養記録や出産報告を見て
患者様を思い出しながら日々業務にあたっています。

体外受精をした方はもちろん、体外受精を考えている方でも構いませんので
培養の事で質問があれば培養士がお答えし、患者様の不安を少しでも緩和できたらと思っています。


Posted by 東京 銀座 不妊治療 婦人科 女医|はるねクリニック銀座 / スタッフブログ